脱毛をためらっていたり今の方法に迷いがある方へ

脱毛をためらっていたり今の方法に迷いがある方へ

  • TOP
  • 矢印 矢印 自宅でもできるワックス脱毛

自宅でもできるワックス脱毛

エステでも可能ですが、体を見られることに抵抗があれば自宅でもできるワックス脱毛について説明します。レーザー脱毛やニードル脱毛ができない方もこちらを試してみる手段もあります。産毛から太い毛まで処理が可能です。

. . .

ワックス脱毛について

記事イメージ

ワックス脱毛もニードル脱毛と同様に、直前に剃ったり抜いたりしないことがポイントです。ワックス剤は毛と接着するため長さを残しておく必要があります。
ワックス剤は温め、脱毛したい部位にヘラで薄く塗布して伸ばします。厚く塗った場合、毛に密着しなくなります。ワックス剤を塗布した部位の上からワックス脱毛専用の不織布を当て、引き剥がします。永久脱毛ではないので個人差はありますが約6週間おきのお手入れが良いです。
ただ、1回の処理は広範囲でも短時間で完了します。ワックス剤はパッチテストを行ってから使用してください。パッチテストは脱毛したい部位に10円大の大きさにワックスを塗った状態で1日様子を見ます。
テストで問題が無ければ施術を行ってください。水性ワックスにはシュガーワックスやハニーワックス、油性ワックスにはハードワックスやソフトワックス、固形ワックス、オイルワックスがあります。自己処理でも安全性の高いワックスはハニーワックス、シュガーワックスです。

まとめ

誰にも見られずに短時間で脱毛できます。アレルギーが出る可能性の確認、パッチテストが必要です。
肌に残った水性ワックスはウェットティッシュで、油性ワックスはクレンジングオイルで拭き取れるという手軽な方法です。

. . . . .

こちらの記事もおすすめ